マニュアル


1.ユーザー登録
2.ログイン
3.アカウント情報登録
4.アドレス帳
5.新規予約
6.予約一覧

補足1.パスワードを忘れたら
補足2.退会するには
補足3.用語集
補足4.例文・Tips集

1.ユーザー登録

ユーザー登録
ユーザー登録の画面からユーザー登録しましょう。
ユーザー登録で入力しなければいけない項目は、メールアドレスとパスワードのみです。
後で変更することもできますが、ここで登録するメールアドレスが、送信予約するメールの送信元になります。
パスワードは忘れないように、忘れないようなパスワードにするか、登録しておいたパスワードを記録に残しておくなどしておきましょう。
パスワードを忘れてしまった場合は、補足1.パスワードを忘れたらを参照してください。

マニュアルの目次にもどる 問い合わせはこちら


2.ログイン

ログイン
ログインの画面からログインしましょう。
ユーザー登録で入力したメールアドレスとパスワードでログインできます。
またFacebookのアカウントを持っていらっしゃる方は、「Facebookでログイン」ボタンからログインいただくことも可能です。
MaiListからFacebookへの投稿は一切行いませんので、ご安心いただけましたら幸いです。
パスワードを忘れてしまった場合は、補足1.パスワードを忘れたらを参照してください。

マニュアルの目次にもどる 問い合わせはこちら


3.アカウント情報登録

アカウント情報登録
アカウント・プラン変更の画面からアカウント情報の編集をしましょう。
送信予約するメールの送信元の名前や、どのようにメールを送信するかを指定できます。

SMTP経由でメールを送信しない場合は、SMTPに関する設定をしなくてよい分、設定が楽になりますが、送信したメールがスパムとして迷惑トレイに振り分けられる可能性が上がります。
送信先が自分自身など、ある程度限定されている場合は、一度送信予約をしてみて、無事受信できればSMTP経由でメールを送信する必要はないでしょう。
送信先が多岐に渡る場合は、SMTP経由でメールを送信することをお薦めいたします。

SMTP経由でメールを送信する場合は、登録したSMTP情報でメールを送信できるかどうかを、一度同じ画面にある「メール送信テスト」ボタンでチェックしましょう。
チェックが終わったら、「上記内容で登録」ボタンをクリックして、登録を完了してください。
なおご入力された情報は、メールを送信する目的でしか利用いたしませんので、ご安心いただけましたら幸いです。
以下は主なメールのSMTP情報の設定例です。ご参考いただけたらと存じます。

***@gmail.comのメールアドレスの場合

メールアドレス:変更の必要はございません
氏名:メールの送信元として表示させたい名称を記載してください
SMTPサーバー:smtp.gmail.com
SMTP暗号化:SSL
SMTPポート番号:465
SMTPユーザー名:メールアドレスと同じ
SMTPパスワード:Gmailにログインするためのパスワード
注意点:2段階認証について
Gmailで2段階認証の設定を行っていらっしゃる場合は、 Gmailでアプリ固有のパスワードを取得する専用のパスワードを発行する セクションに記載の方法で、mailistのパスワードを作成いただき、 そのパスワードをSMTPパスワードとしてご入力いただけましたら幸いです。

***@yahoo.co.jpのメールアドレスの場合

メールアドレス:変更の必要はございません
氏名:メールの送信元として表示させたい名称を記載してください
SMTPサーバー:smtp.mail.yahoo.co.jp
SMTP暗号化:SSL
SMTPポート番号:465
SMTPユーザー名:メールアドレスと同じ
SMTPパスワード:メールアドレスのパスワード

***@ezweb.ne.jpのメールアドレスの場合

メールアドレス:変更の必要はございません
氏名:メールの送信元として表示させたい名称を記載してください
SMTPサーバー:smtp.ezweb.ne.jp
SMTP暗号化:TLS
SMTPポート番号:587
SMTPユーザー名:以下の方法で確認したユーザー名
SMTPパスワード:以下の方法で確認したパスワード
注意点:SMTPユーザー名とSMTPパスワードの確認方法(以下の操作を行うとユーザー名とパスワードが再設定されます。)
1.メッセージアプリを起動し、宛先「#5000」、本文に「1234」を入力し「送信」した後、受信したメッセージ(SMS)内にあるURLをクリックします。
2.メール設定メニューが開くので、「利用アプリ変更」の「手動設定」リンクをクリックし、「設定情報送信」をクリックすると、メッセージ(SMS)が送られ「ユーザ名」と「パスワード」が確認できます。
3.上記の設定を行うと、ユーザー名とパスワードが再設定されます。 こちらの 「※上記のとおり、ユーザ名、パスワードが再設定されております。 下記手順を参考に標準メールの設定についても、新しいユーザ名、パスワードに変更をお願い致します。」 以降の操作をご確認の上、再設定いただけましたら幸いです。

***@docomo.ne.jpのメールアドレスの場合

メールアドレス:変更の必要はございません
氏名:メールの送信元として表示させたい名称を記載してください
SMTPサーバー:smtp.spmode.ne.jp
SMTP暗号化:SSL
SMTPポート番号:465
SMTPユーザー名:docomoIDのユーザー名
SMTPパスワード:docomoIDのパスワード
docomoIDを有効にする方法は、こちらを参照してください。

***@i.softbank.jpのメールアドレスの場合

メールアドレス:変更の必要はございません
氏名:メールの送信元として表示させたい名称を記載してください
SMTPサーバー:smtp.softbank.jp
SMTP暗号化:SSL
SMTPポート番号:465
SMTPユーザー名:メールアドレスと同じ
SMTPパスワード:ソフトバンクメールアドレスのパスワード
なおメールアドレスの変更方法やSMTPパスワードの変更方法は、 こちらEメール(i)アドレスの変更方法Eメール(i)パスワードの変更方法のセクションを参照されるとよろしいかと存じます。

***@hotmail.comまたは***@hotmail.co.jp のメールアドレスの場合

メールアドレス:変更の必要はございません
氏名:メールの送信元として表示させたい名称を記載してください
SMTPサーバー:smtp.live.com
SMTP暗号化:TLS
SMTPポート番号:587
SMTPユーザー名:メールアドレスと同じ
SMTPパスワード:hotmailにログインするときのパスワード

***@subdomain.ocn.ne.jp のメールアドレスの場合

メールアドレス:変更の必要はございません
氏名:メールの送信元として表示させたい名称を記載してください
SMTPサーバー:smtp.vcsubdomain.ocn.ne.jp
たとえば、ocn_user@blue.ocn.ne.jp の場合はsmtp.vcblue.ocn.ne.jp
SMTP暗号化:なし
SMTPポート番号:587
SMTPユーザー名:メールアドレスと同じ
SMTPパスワード:メールアドレスのパスワード

***@nifty.comのメールアドレスの場合

メールアドレス:変更の必要はございません
氏名:メールの送信元として表示させたい名称を記載してください
SMTPサーバー:smtp.nifty.com
SMTP暗号化:なし
SMTPポート番号:587
SMTPユーザー名:メールアドレスと同じ
SMTPパスワード:niftyにログインするときのパスワード

マニュアルの目次にもどる 問い合わせはこちら


4.アドレス帳

アドレス帳
アドレス帳の画面でアドレス帳の管理ができます。
初期状態で「送信済み」という名前のアドレス帳が作成されております。
「送信済み」のアドレス帳には、過去に送信予約した宛先のメールアドレスが自動的に保存されます。
次回の送信予約から、アドレス帳に保存されたメールアドレスを利用できますので、メールアドレスの入力の手間を削減したり、ミスを防いだりすることが可能です。
なおこちらの画面から、別のアドレス帳を登録したり、アドレス帳のリンクをクリックすることで、新しい連絡先を追加することができます。

マニュアルの目次にもどる 問い合わせはこちら


5.新規予約

新規予約
新規予約の画面からメールの送信予約をしましょう。
宛先、Cc、Bccは半角コンマ(;)区切りで複数のメールアドレスを入力することができます。
1回限りの送信予約か、毎週や毎月など繰り返しの送信予約かを選んで、メールを送信する時間を指定しましょう。
入力が終わったら、「上記内容で予約登録」をクリックして、予約を完了してください。
「HTMLモード」ボタンをクリックすることで、文字の大きさや色を変えたりなどを行うことが可能です。
予約内容の変更は、予約一覧から行うことが可能です。

マニュアルの目次にもどる 問い合わせはこちら


6.予約一覧

予約一覧
予約一覧の画面で予約内容の変更や、予約したメールがきちんと送信されたかを確認することができます。
メールの予約内容を変更したい場合は「編集」ボタン、似た内容のメールを予約したい場合は「コピー」ボタン、予約を取り消したい場合は「削除」ボタンをクリックしましょう。
なお繰り返しの予約で次回の送信予約をスキップしたい場合は、「次回をスキップ」ボタンをクリックしてください。

マニュアルの目次にもどる 問い合わせはこちら


補足1.パスワードを忘れたら

パスワードを忘れたら
パスワードを忘れた方はこちらの画面からパスワードの再発行が可能です。
ユーザー登録で入力したメールアドレスを入力しましょう。
メールアドレスを入力後、「パスワードのリセット」ボタンをクリックすると、パスワードをリセットするためのURL付きのメールが届きます。
そのURLをクリックして、新しいパスワードを入力することで、パスワードの再発行が可能です。

マニュアルの目次にもどる 問い合わせはこちら


補足2.退会するには

退会するには
アカウント・プラン変更の画面から退会処理を行うことが可能です。
退会処理を希望される場合は、「退会処理」ボタンをクリックしましょう。
退会処理を行いますと、ユーザー情報は全て削除されますので、ご安心いただけましたら幸いです。

マニュアルの目次にもどる 問い合わせはこちら


補足3.用語集

リマインドメールの送信予約•時間指定ならMaiListで、よく利用される用語について説明いたします。
リマインドメール
リマインド
リマインダー
Todo
ステップメール

マニュアルの目次にもどる


補足4.例文・Tips集